危険な害虫には注意しよう

蜂の巣

安全な害虫退治を学ぼう

ハチは強い毒を持つ針で刺す攻撃性を持っているため、敷地内に巣を作ったり屋内に入り込むと危険な害虫として認識されます。また、ハチの多くは一般的な殺虫剤では駆除出来ないため、ハチ駆除を行う際には専用の薬剤が不可欠です。敷地内にハチの巣がある場合は素人作業による駆除は危険なので、ハチ駆除を手掛けている専門業者に依頼するのが無難な対処法になります。業者によるハチ駆除は対象の個体や巣に薬剤を散布し、動きが鈍くなったところを回収するのが一般的な作業内容です。特にハチの巣を取り除く場合は個体が周囲に飛散して被害が拡大するのを防ぐ必要があるので、薬剤の散布と並行してネットなどの補助具を使った封じ込めが行われます。ハチは死骸になっても針は普通に反応するので安易に触らないのが事故を避けるための心得です。ハチ駆除は時間がかかるとそれだけ個体が逃げるリスクが上昇することから、複数人で効率的に行うことが重要になります。ハチの習性を正しく理解したうえで効果的に薬剤を使用し、二次被害が出ないように慎重な作業を行うことを心がけます。ハチは遮蔽物があり人の目が付きにくい場所に巣を作る傾向があります。屋内では天井裏や床下に巣を作ることが多い他、品種によっては土中に住み着くこともあるので注意が必要です。屋内は一年を通してハチが活発に活動出来る環境に保たれているので、冬季でもハチ駆除の必要性が生じることがあります。技術力が高く信頼出来る業者を見つけ、速やかに対処出来る状態を整えるのがハチによる被害を防ぐ秘訣です。