蜂の巣

危険な害虫には注意しよう

危険な害虫であるハチは素人作業での駆除は危険なので業者に依頼するのが無難です。ハチ駆除は周囲への被害を防ぐことが大切なので、短時間で丁寧な作業が出来る優良な業者を利用することが安全な環境を保つ条件になります。

群れる害虫を駆除しよう

ハネアリ

季節ごとの駆除と予防方法

羽アリはアリが巣分かれをする際に生まれる個体で、特定の時期になると局所的に大量発生する傾向があります。直接の害はありませんが、無数の羽アリが群れて集まる様は見た目が不快なので注意が必要です。また、羽アリを捕食する他の害虫が侵入する可能性もあるので、快適な暮らしを維持するためには早急な駆除が必要になります。羽アリは市販の殺虫剤で退治出来るので誰でも駆除作業を行うことが出来ます。その一方で羽アリの死骸が大量に発生することから、駆除と掃除を併せて行うことが大切です。また、殺虫剤は羽アリの体に皮膜を形成して窒息させるのが一般的な作用なので、噴霧してから効果が出るまでやや時間がかかる点を注意します。羽アリは空を飛んで逃げてしまうので、駆除作業を行う際は群れている場所を封鎖し、逃げ場を無くしたうえで薬剤を散布するのが効果的です。市販の殺虫剤の中にはアリ類には効果が低い物があるので購入の際は必ず確認することを心がけます。羽アリは地域によって発生する季節が異なるので、迅速な対処が出来るように準備を済ませておくことが大切です。また、羽アリは移動距離が長いので遠隔地から屋内に入り込むこともあります。完全な予防は難しいので、建物の壁や配管に生じた破損個所を修復し、外部からの侵入が出来ないようにするのが被害を防ぐための工夫です。敷地内に草むらや積み重ねたゴミなどの遮蔽物があるとアリの隠れ場所になってしまうことがあるので、風通しが良い状態にするのも予防策の一つです。

ハチ

夏から秋にかけて活動的

夏から秋にかけてはハチの行動が活発になるので、アウトドアを楽しむ人には危険が多いのです。特に緑地に多く営巣するキアシナガバチの巣は、事前に駆除することが難しいのでできるだけ襲われないために工夫することが重要です。

作業員

害獣の被害を防ぐ

アライグマやハクビシン、イタチなどの野生生物の被害が増えています。人の生活への被害が大きい場合は、猟友会や捕獲許可のある害獣駆除業者への依頼がお勧めです。害獣駆除対策には、様々な法律が絡むので、業者だけでなく、自治体との連携も重要です。

シロアリ被害

シロアリを駆除する

シロアリ駆除の料金は業者や被害の状況などによって異なってきますので、複数の業者から見積書をもらう必要があります。相場は坪当たり1万円程度と言われていますが、業者選定にあたっては見積額だけでなく業者の信頼性にも目を配る必要があります。

散布機

飛び回っている景色

春から秋にかけて羽アリが、飛び回る不思議な光景を目にすることがあります。これは異常気象が起こる前触れといったことではなく、アリの繁殖行動の一つだと認識しておきましょう。しかし胴体がくびれていればクロアリで大した問題はないですが、胴体がずんぐりとしたシロアリであれば駆除を急ぐ必要があります。